100 Faces of Yokohama(ヨコハマ100カ国100人)

スクリーンショット 2019-06-06 11.42.30.png

What is your image of Yokohama?

横浜といえば、あなたは何を思い浮かべますか?

The largest Chinatown in Japan, Yokohama Baystars baseball team, or the glamorous Yokohama port where Commodore Matthew Perry’s historic landing in 1854 that turned a new page in Japanese history?

日本最大級の中華街?横浜ベイスターズ?1854年に米海軍のマシュー・ペリー代将が上陸し、日本の歴史に新たな1ページを切り開かれた港町でしょうか?

The population of international residents of Japan is on the rise in recent years and Yokohama is no exception. As of 2019, there is a total of 100,000 international residents of 160 nationalities living in Yokohama city, a whopping 20% increase in ten years since 2009.

日本における外国人人口が年々増加していますが、横浜も例外ではありません。2019年の統計によると、横浜には160カ国の国籍を持つ10万人の外国籍住民が住んでいるとのことです。10年前の2009年と比べてなんと20%も増加しています。

As a company based in Yokohama, we would like to showcase the diversity of Yokohama, both to local residents, as well as to the world! Let us introduce our latest project: 100 Faces of Yokohama.

弊社の本社は横浜にあるということで、横浜の多様性を横浜住民、そして世界中の皆さんにぜひお見せしたいと思います。そこで始めたのは、ヨコハマ100カ国100人です。

We will be creating a portrait compilation of 100 Yokohama residents of different nationalities, cultural backgrounds and their personal stories. If you are a Yokohama resident of a foreign nationality, or happen to know someone, please let us know!

異なる国籍或いは文化背景の横浜住民100名のポートレイトとストーリーをまとめた本を制作します。横浜在住の外国籍の知り合いがいれば是非ご紹介いただけますと幸いです!

Requirements:

  • Residing in Yokohama (preferably more than 5 years).

  • Of a nationality (or cultural background) not listed below.

  • You can choose to take the photo by yourself, with your partner or with your family.

条件

・横浜在住(5年以上)

・以下の国籍(文化背景)を除く

・ポートレートは1人でもパートナーと2人でも、家族全員でも可能(応相談)

So far, (as of 6 June 2019) we have the following nationalities/ cultural backgrounds:

現在(2019年6月6日)は以下の国籍・文化背景の方がすでに申し込まれています。

  1. Taiwan(台湾)

  2. Nepal(ネパール)

  3. Germany(ドイツ)

  4. Vietnam(ベトナム)